山本千尋がキングダムのきょうかい(羌瘣)役で決まり?予想や評判も調べてみた!

山本千尋がキングダム実写続編のきょうかい役で決まり?予想や評判も調べてみた!
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、山本千尋がキングダムのきょうかい(羌瘣)役で決まり?予想や評判も調べてみた!ということでお届けしていきます。

5月29日(金)待ちに待ったという感じですが、あの大ヒット映画「キングダム」の続編製作が決定したことが発表されました。

映画「キングダム」といえば、大ヒット連載漫画を実写化し、2019年4月に公開されましたが、公開前にはキャスティングにおける評価、実写化は無理ではなかろうか?という評判が出回っていましたが、結果は興行収入56億円を超える大ヒット映画となりました。

現在世界的にも新型コロナウイルスの感染が拡大しており、映画「キングダム」は中国で撮影をしていたので、続編は無理なのでは?という声も以前からありました。

公開当初から、続編の公開が待たれる中、ついにといった感じではないでしょうか。

また、1作目の映画「キングダム」には、原作漫画の人気キャラクターである羌瘣(きょうかい)の登場がなかったことから、続編には出てくるだろうや誰が演じるだろうか?と予想合戦も早くからされています。

ネットやSNSを見ていても、いろいろな方を予想されていますが、「山本千尋さんがいい」という声が多数ありましたので、その理由や世間の皆さんがどう予想しているのかも調べてみました。

そして、2020年5月29日、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて前作が放送されることが決定しています。

そこで、山本千尋がキングダムのきょうかい(羌瘣)役で決まり?予想や評判も調べてみた!ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

山本千尋がキングダムのきょうかい(羌瘣)役で決まり?

映画「キングダム」の続編発表を受けて、早くもキャストの予想合戦が始まっていますが、1作目では、原作漫画の重要人物である羌瘣(きょうかい)が登場していませんでした。

>>1作目の詳しいあらすじ・ネタバレを知りたい方はこちら

それもそのはず、1作目は、クーデターを起こした王弟・成蟜(せいきょう)を討つまでの「王都奪還編」までが描かれています。

原作漫画では1〜5巻にあたる部分になり、ここには、羌瘣(きょうかい)が登場していません。

なので、続編には、羌瘣(きょうかい)が登場することを待ち望む声が多いというわけです。

そして、羌瘣(きょうかい)役のキャストは誰か?の予想の時に必ず目にするのが、山本千尋さんです。

 

山本千尋が羌瘣(きょうかい)役を予想される理由とは?

羌瘣(きょうかい)役のキャスティングの予想の際に必ずといっていいほど山本千尋さんのお名前があがりますし、「ぜひとも演じていいただきたい」との声がある理由はなぜなのでしょうか。

それは、原作である漫画キングダムの連載10周年を記念し、2016年に特別動画が制作されたのです。

ここでは、1作目の主演である山崎賢人さんが信役で出演していましたが、この時は山崎さんがイケメン過ぎでお顔が整っているため、信のイメージに合わないなどの厳しめなご意見がありました。

ただ、実際の実写版映画では、信がもつ熱さや男くささを見ごとに演じきっていました。

そして、この特別動画で羌瘣(きょうかい)役を演じたのが、山本千尋さんだったのです。

 

山本千尋の演武動画を公開

ちなみにその10周年記念で製作された羌瘣(きょうかい)役である山本千尋さんの演武特別映像です。

出典:https://youtu.be/csDw9aJC2xA

私、初めてこの動画を見た時にかなりの衝撃を受けたのを今でも覚えていますが、率直に羌瘣(きょうかい)じゃんと思いました。

とても美しく、剣を巧みに操い舞う姿が印象的でした。

山本千尋さんは、実は小さい頃から武術を習い、世界ジュニア武術選手権大会で金メダルを2度も獲得しているすごい方なのです。

現在は、舞台、ドラマ、映画にも多数出演されている女優さんであり、「新世代アクション女優」と呼ばれ、大注目されています。

 

山本千尋は現在何歳?プロフィール付きで紹介

ここからは、山本千尋さんがどんな方なのかプロフィールと共に見ていきましょう!

プロフィール

名前:山本千尋(やまもと ちひろ)
生年月日:1996年8月29日(23歳)
出身地:兵庫県神戸市東灘区
身長:155cm
血液型:O型
職業: 女優
所属事務所:スターダストプロモーション
趣味:映画鑑賞、サイクリング、スポーツ

山本千尋さんは、スターダストプロモーション所属の女優さんで1996年8月29日生まれの現在23歳です。

香港のアクション映画が好きなお母様の影響から、3歳の頃から家の近くにあった中国武術の稽古場に通い始めたそうです。

小学生になって、本格的に競技スポーツである「武術太極拳」の練習を開始し、週6日練習に通うほど、のめり込み小学6年生だった2008年に開催された第2回世界ジュニア武術選手権大会で金メダル、銀メダルを獲得しています。

その後の2010年から2012年にかけてJOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会で長拳、剣術、槍術の3種目で3連覇を果たしているほどの武道の達人でもあります。

そして、2012年の世界ジュニア武術選手権大会で金メダル1枚、銀メダル2枚を獲得し2度目の世界一に輝いています。

世界大会で2度の金メダルを獲得するとは、恐れ入ります。

女優を目指すきっかけとなったのは、マイナースポーツである「武術太極拳」を広めたいとの思いが幼い頃からあり、ジャッキー・チェンやジェット・リーへの憧れから、女優を目指すことになったそうです。

また、さきほどご紹介した漫画キングダム連載10周年記念特別動画の演武の振り付けは、なんと山本千尋さんご自身がされているようです。

羌瘣(きょうかい)の「 神堕としの舞」を彷彿とさせる演武は、圧巻の一言です。

 

山本千尋がキングダムのきょうかい(羌瘣)役に対する予想や評判も調べてみた!

ここでは、実写版映画「キングダム」続編で山本千尋さんが羌瘣(きょうかい)役のキャストとしてどうなのか?と皆さんの予想の声を集めてみました。

やはり10周年記念特別動画のイメージが強いからでしょうか。

「山本千尋さん以外誰がやるの?」といった声がすごい見受けられました。

他にどういった方が予想されているのでしょうか。


平手友梨奈さん、土屋太鳳さん、清野菜名さん、広瀬すずさん、浜辺美波さん、今田美桜さんこのあたりの方が羌瘣(きょうかい)役がいいなあというご意見が多かった印象ですが、その他にもアメトークで「キングダム芸人」の回で羌瘣(きょうかい)の衣装を着て、出演されていた小島瑠璃子さんのお名前もあがっていました。

 

まとめ

今回は、山本千尋がキングダムのきょうかい(羌瘣)役で決まり?予想や評判も調べてみた!ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

キングダム実写続編のきょうかい役は、山本千尋さんなのか?の理由についてみてきましたが、漫画キングダム連載10周年記念特別動画に出演していたことから、「山本さんがいいのでは?」、「山本千尋さん以外に考えられない」といったご意見が多いのも頷けます。

個人的にも武術経験が長年に渡りあって、女優としてもご活躍されている山本千尋さんがいいかなと思っています。

また、その他にも様々な女優さんのお名前予想もたくさんありましたが、キャスト発表が待ち遠しいですね。

これからも、その他のキャスト予想合戦が続きそうです。

今、このような大変な状況なので、無事に撮影が終わり、公開されることを楽しみに待ちます。

最後までお読みいただきありがとうございました。