キングダム実写映画キャスト一覧・相関図を写真付きで紹介

キングダム 映画 キャスト
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、キングダム実写映画キャスト一覧・相関図を写真付きで紹介ということでお届けしていきます。

映画「キングダム」は、「そもそも実写化できるのか?」、「そのキャストで大丈夫なのか?」などの声が見受けられ、ネット上でもかなりざわついていました。

実写化ということで皆さんが気にしているのがキャラクターの再現度ではないでしょうか?

信、嬴政、特に王騎(笑)などの人気キャラにどれだけよせれているのか?

特に原作ファンにとっては、実写化は心配されている方も多くいらっしゃると思います。

そこで、キングダム実写映画キャストは、誰が務めたのか?キャスト一覧・相関図を写真付きでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

>>映画「キングダム」を無料で見てみる

 

キングダム実写映画主要キャストを写真付きで紹介

主要キャストの詳細情報を写真付きでご紹介します。

 

山崎賢人:『信(しん)役』

プロフィール
名前:山崎賢人(やまざき けんと)
生年月日: 1994年9月7日(25歳)
出身地:東京都
身長:178cm
血液型:A型

主人公・信(しん)役を演じるのは、山崎賢人さんです。

ここ最近は、実写化といったら、この人って感じになっていますね。

映画公開前のキャスト発表では、「演じきれるのか?」などの声が相次いでいましたが、それは杞憂でした。

原作に負けず、劣らずの気迫、あのビッグマウスに王族にタメ口(汗)...本来であれば死罪ものですが、それがまた信のよさでもありますよね。

この役のために、山崎さんは、体作りや食事制限をされたそうです。

まさにプロ意識!頭が下がる思いです。

役柄としては、戦災孤児の下僕の身でありながら、天下の大将軍を本気で夢みている兄弟のように育った漂(ひょう)と日々の鍛錬を惜しまず、幾多の困難に立ち向かいながらも着実に大いなる夢を実現させていく、一点の曇りのない眼差しは鬼気迫るものがあります。

山崎さんのアクションにも注目です。

 

吉沢亮:『嬴政・漂(えいせい・ひょう)役』

プロフィール
名前:吉沢亮(よしざわ りょう)
生年月日: 1994年2月1日(25歳)
出身地:東京都
身長:171cm
血液型:B型

秦の若き王嬴政(えいせい)と信と同じ下僕であり幼い頃からの友人でもある漂(ひょう)を演じるのは、吉沢亮さんです。

見た目は、瓜二つの嬴政(えいせい)と漂(ひょう)ですが、立場も性格も全く違う二役をどう演じるのかが、注目ポイントでもありました。

役柄としては、後の秦の始皇帝ではあるものの幼い頃は、何の力もない薄弱の王ではありますが、過去500年続いた戦乱の世を納め、中華全土を統一する唯一王になるという傍からみれば嘲笑われてしまうような夢を抱いています。

漂は、信と同じく戦災孤児であり、下僕としてある里に売られ、信と出会い、運命のいたずらか嬴政と瓜二つの顔をもっていたことで王宮に召し上げられ、嬴政の影武者となります。

ただ、漂は臆することなく、死ぬかもしれないという運命すらも受け入れ、国のために散っていくのです。

吉沢さんは、まさに嬴政よりも嬴政であり、漂よりも漂でした。

よくわからない表現ですが、それぐらい漫画の世界から飛び出してきたんではないかというぐらいのシンクロ率です。

 

長澤まさみ:『楊端和(ようたんわ)役』

プロフィール
名前:長澤まさみ(ながさわ まさみ)
生年月日: 1987年6月3日 (32歳)
出身地:静岡県
身長:168cm
血液型:A型

山の民の王である楊端和(ようたんわ)を演じるのは、長澤まさみさんです。

数々の映画、ドラマに出演しており演技力には定評のある長澤さんですが、本作では、何十万という山の民を統率してそのトップに君臨するカリスマ的な存在を演じます。

役柄としては、非常に美しい女性ではあるものの他部族からは「山界の死王」と呼ばれ恐れられています。

また、普段は仮面をつけ野太い声を発しておりますが、ひとたび仮面をとると鮮やかな二刀流の剣捌きで敵を倒しまくります。

鎧から伸びる美しい太腿は、大変話題になり「太腿がまぶしすぎて、映画に集中できん!」などの声があがっていました。(笑)

 

橋本環奈:『河了貂(かりょうてん)役』

プロフィール
名前:橋本環奈(はしもと かんな)
生年月日: 1999年2月3日(20歳)
出身地:福岡県
身長:152cm
血液型:AB型

山民族の末裔である河了貂(かりょうてん)を演じるのは、橋本環奈さんです。

橋本さんも原作実写化作品にいくつか出演されていて、「斉木楠雄のΨ難」では山崎さん、吉沢さんとも共演されていました。

確かに三人の息はぴったりだったかなとの印象です。

橋本さんの役柄としては、秦の王都を目指す嬴政と信を手助けし、嬴政からの褒美欲しさから行動を共にしていきます。

常に梟の被り物をしていて、コロコロとした様相で動き回っていますが、大事なところでは吹き矢を使い信を助けます。

原作では、優秀な軍師へと成長を遂げていきますが、続編が製作されたならばぜひとも橋本さんに成長した河了貂を演じていただきたいものです。

 

本郷奏多:『成蟜(せいきょう)役』

プロフィール
名前:本郷奏多(ほんごう かなた)
生年月日: 1990年11月15日(29歳)
出身地: 宮城県
身長:174cm
血液型:O型

嬴政の腹違いの弟であり、反乱を起こした王弟・成蟜を演じるのは、本郷奏多さんです。

本郷さんは、数々のドラマに出演しており、イケメンから変人役まで幅広い役を演じ分けられる今大注目の役者さんです。

プライベートでは、かなりの引きこもりがちな方で休日ともなるとゲーム、パソコン、長年続けているガンプラ作りにはまっているそうです。

役柄としては、舞妓の出である母を持つ嬴政に王位の座を奪われ、反乱を起こします。

本郷さんが王座に腰掛ける姿、目つきは原作の成蟜そのものであり、前評判からもはまり役として話題になっていました。

嬴政に反乱を阻止され、少し切りつけられて血を見た時の取り乱し方は、かなり原作を再現していたと思います。

 

大沢たかお:『王騎(おうき)役』

プロフィール
名前:大沢たかお(おおさわ たかお)
生年月日: 1968年3月11日(51歳)
出身地: 東京都
身長:181cm
血液型:A型

他国からも恐れられている六大将軍の1人である王騎を演じるのは、大沢たかおさんです。

数多くの映画・ドラマに出演されている大沢さんですが、イメージ的にモデルをやっていた経験もあり華奢な印象があります。

本作の役のために、体重を増やして肉体改造をしたそうです。

原作をよく知る方にとっては、王騎の再現度が一番気になったところだと思います。

オネェ口調だし!ところが、そんな心配をはねのけ、矛を奮う姿、馬に乗り部下を引き連れて行軍する姿は、まさに王騎でした。

役どころとしては、今は一線は退いているものの、圧倒的な強さと存在感は誰しもが憧れ、恐れられる存在であり信が目指すべき大将軍でもあります。

 

要潤:『騰(とう)役』

プロフィール
名前:要潤(かなめ じゅん)
生年月日: 1981年2月21日(38歳)
出身地: 香川県
身長:185cm
血液型:A型

大将軍・王騎の副官を務めるを演じるのは、要潤さんです。

要さんといえば、安定の実力派俳優さんですが、騰にキャスティングが決まった時には、「なぜ要潤なの?」との声もあったようです。

原作では、非常につかみどころのない人物で、目を見開いて、「ファルファルファル」という効果音を出しながら、敵を倒しまくります。

要さんは、騰のぱっちりとした目を再現するため付けまつ毛をすると可愛くなるので、マスカラをしてアイライナーを引いていたそうです。

ただ、せっかくの要さんなのに、出番やセリフが少なかったのがもったいないとの声もたくさん上がっています。

役柄としは、王騎に常に寄り添い、王騎が目立ち過ぎるために騰の活躍がなかなか目につきにくいのですが、将軍でもあり王騎の右腕として仕える人物ですから、相当な切れ者であるのは間違いありませんね!

 

満島真之介:『壁(へき)役』

プロフィール
名前:満島真之介(みつしま しんのすけ)
生年月日: 1989年5月30日(30歳)
出身地: 沖縄県
身長:177cm
血液型:B型

嬴政の側近である昌文君の副官・を演じるのは、満島真之介さんです。

「ハムレット」に出演し、姉の満島ひかりさんとの初共演が話題となっていました。

役柄としては、嬴政に忠誠を尽くし、信のことを常に気にかけて兄貴分でもあり良き相談相手でもあります。

他のキャラクターのように際立った個性は、ないものの基本に忠実であり、ひとつひとつ実績を積み重ねていく堅実家なイメージです。

 

高嶋政宏:『昌文君(しょうぶんくん)役』

プロフィール
名前:高嶋政宏(たかしま まさひろ)
生年月日: 1965年10月29日(54歳)
出身地: 東京都
身長:185cm
血液型:B型

嬴政がもっとも信頼をよせる側近であり、秦国の文官である昌文君を演じるのは、高嶋政宏さんです。

高嶋さんは、皆さんご存じの芸能一家出身の俳優さんで、これまでも映画、ドラマに出演され数々の賞も受賞されている方です。

ドラマ「ストロベリーナイト」では、警察官・今泉役ははまり役だと話題になりましたね。

役柄としては、非常に優秀な人物で文官ではあるものの、かつては王騎と共に戦場を駆け抜けた将軍としても、王騎に一目置かれている実力の持ち主です。

嬴政が、追っ手から逃れ、無事に合流出来たときのシーンは、原作を彷彿とさせるものでした。

 

キングダム実写映画その他キャストを写真付きで紹介

その他キャストの詳細情報を写真付きでご紹介します。

 

阿部進之介:『バジオウ役』

プロフィール
名前:阿部進之介(あべ しんのすけ)
生年月日:1982年2月19日(37歳)
出身地:大阪府
身長:185cm
血液型:AB型

山の民の王である楊端和の右腕の戦士・バジオウを演じるのは、阿部進之介さんです。

阿部さんは、ドラマ「下町ロケット」に出演されていて、主役ではないもののキャラが立って非常に役に馴染んでいました。

役柄としては、もともとはバジ族という一族の生き残りで過去に楊端和に敗れたことをきっかけにその一族に入りますが、出会った頃は、「平地の言葉」は一切話せず、人間を食らうまさに野獣でした。

人間離れした身体能力で、二刀流で敵をなぎ倒しまくり、常にお面をつけていますが、左慈との戦闘で面が少し割れ口元だけが見えました。

阿部さんがとってもイケメンなのに、映画ではほとんど顔がでることはありませんでした。

 

一ノ瀬ワタル:『タジフ役』

プロフィール
名前:一ノ瀬ワタル(いちのせ わたる)
生年月日:1985年7月30日(34歳)
出身地:佐賀県
身長:178cm
血液型:O型

山の民の中で怪力を誇るタジフを演じるのは、一ノ瀬ワタルさんです。

一ノ瀬さんは、「クローズ」、「HiGH&LOW」に出演しておりアンダーグラウンドな役での出演が多いです。

趣味はキックボクシングで、プロキックボクシングライセンスを保有しているとのことで、確かに鍛え抜かれた肉体をしていますので、まさに山の民といった感じではないでしょうか。

役柄としては、自慢の怪力で石を木に括りつけたハンマーを使って、暴れまわります。

原作では、信に倒されたことから、信に一目置いています。

平地の言葉は、全く話せません。

 

六平直政:『里典(りてん)役』

プロフィール
名前:六平直政(むさか なおまさ)
生年月日: 1954年4月10日(65歳)
出身地:東京都
身長:175cm
血液型:B型

信と漂を下僕として預かっていた家主・里典を演じるのは、六平直政さんです。

六平さんは、これまで数えきれないほどの映画、ドラマに出演されており、ヤクザ、刑事、三枚目役と様々な役柄をこなす個性派俳優さんです。

その演技力は、安心して見ていられますね!

こんなベテラン俳優さんが、ちょい役ってのももったいない気がします。

役柄としは、信と漂を下僕として買った家の主であり、集落の長を務めています。

権力には、あっさり屈し、金に対しては意地汚い面が垣間見えます。

 

深水元基:『朱凶(しゅきょう)役』

プロフィール
名前:深水元基(ふかみ もとき)
生年月日: 1980年1月20日(39歳)
出身地:東京都
身長:187cm
血液型:AB型

暗殺一族・朱凶を演じるのは、深水元基さんです。

深水さんは、高身長を生かしてファッション雑誌でモデルとして活躍した後、俳優に転身をしています。

映画「クローズZERO」、「新宿スワン」にも出演されています。

役どころとしては、王弟側の暗殺者で嬴政を狙い、信との戦闘の末に命を落としますが、相手に見せる華麗な立ち回りは、ただならぬ強敵であることを感じさせました。

また、特殊メイクで原作の朱凶を忠実に再現していて、「原作そのままのクオリティで完璧!」などの声がネット上でもあがっています。

 

橋本じゅん:『ムタ役』

プロフィール
名前:橋本じゅん(はしもと じゅん)
生年月日: 1964年2月25日(55歳)
出身地:兵庫県
身長:171cm
血液型:B型

王弟側の追っ手であるムタを演じるのは、橋本じゅんさんです。

橋本さんは、名バイプレイヤーとして魅力を放ち、これまでに舞台、ドラマ、映画に多数活躍されています。

「勇者ヨシヒコと魔王の城」、「今日から俺は!!」にも出演されています。

役柄としては、信達一行を狙う刺客の1人で、吹き矢を使い毒針で信に怪我を負わせ、また、すばやい身のこなしに信は苦戦を強いられていました。

「非常に再現度が高い!」と話題になっていました。

 

坂口拓:『左慈(さじ)役』

プロフィール
名前:坂口拓(さかぐち たく)
生年月日: 1975年3月15日(44歳)
出身地:石川県
身長:175cm
血液型:A型

元将軍であり本作のラスボス・左慈を演じるのは、坂口拓さんです。

坂口さんは、アクション俳優として数多くの映画、ドラマに出演されており、「あずみ」、「パッチギ!」に出演しています。

また、自身でもアクション監督として演出する側としても活躍されていました。

2013年に一度俳優業を突然引退していますが、当時の環境に納得がいっていなかったようで引退後は、米軍特殊部隊に在籍経験のある方から本物の格闘技術を学び、再び2017年映画「リボーン」で俳優業に復帰しています。

役柄としては、原作ではただの人斬り長という設定でしたが、映画では元将軍で信に対して「戦場に夢などない」といってのけます。

また、流れるような身のこなしで次々と敵を切り倒していきます。

それもそのはず、坂口さん自体はずっとアクション俳優をしており、元軍隊の方から殺人術を学んでいるため、その気迫たるやまさに本物です。

「絶望的かつ圧倒的強さを醸し出す。」なんて声もネット上はありますね。

 

阿見201:『ランカイ役』

プロフィール
名前:阿見201(あみ にいまるいち)
生年月日: 1979年7月22日(40歳)
出身地:埼玉県
身長:201cm
血液型:AB型

成蟜が抱える処刑人・ランカイを演じるのは、阿見201さんです。

阿見201さんは、2014年まで「デコボコ団」というコンビで芸人さんとして活動をしていました。

芸名の「201」は、身長が201cmあることに由来しているそうです。

役柄としては、成蟜に飼いならされ、小さい頃から「お仕置き」とう名の調教を施されて成蟜の機嫌を損ねないように絶えず行動しています。

本作では、王宮への回廊で信に倒されますが、原作ではラスボスとして玉座の間で信達と対峙し、最終的には倒されますが、その後は山の民と行動を共にします。

 

宇梶剛士:『魏興(ぎこう)役』

プロフィール
名前:宇梶剛士(うかじ たかし)
生年月日: 1962年8月15日(57歳)
出身地:東京都
身長: 188cm
血液型:B型

成蟜の軍を率いる武官であるを演じるのは、宇梶剛士さんです。

宇梶さんは、元暴走族総長というのは有名なところではありますが、俳優としてのキャリアは長く、数多くの映画、ドラマに出演しており自身でも、劇団の主宰を務めています。

役柄としては、上級武官であり他国も恐れる弩弓隊を率いています。

山の民を引き連れてきた嬴政一派との戦闘中に成蟜の敗北が確定しているにも関わらず、なお抵抗しようとしたために信に切り捨てられて倒されます。

 

加藤雅也:『肆氏(しし)役』

プロフィール
名前:加藤雅也(かとう まさや)
生年月日: 1963年4月27日(56歳)
出身地:奈良県
身長: 183cm
血液型:A型

竭氏の参謀である肆氏演じるのは、加藤雅也さんです。

加藤さんは、高身長を生かして「メンズノンノ」創刊号のファッションモデルを務め、その他モデルとして活動した後、俳優の道へ進んでいます。

渡米してハリウッド俳優も目指しています。

役柄としては、成蟜の反乱軍の指揮をとっており、原作では嬴政側につき、側近となっています。

 

石橋蓮司:『竭氏(けつし)役』

プロフィール
名前:石橋蓮司(いしばし れんじ)
生年月日: 1941年8月9日(78歳)
出身地:東京都
身長: 178cm
血液型:AB型

秦国の左丞相である竭氏を演じるのは、石橋蓮司さんです。

石橋さんは、言わずと知れた大ベテランの俳優さんですね。

俳優としての経歴は、1954年からですから、実に65年も第一線で活躍されていますし、本作の竭氏は「役がドはまり」などの高評価のコメントが数多くネット上で見受けられました。

役柄としては、野心家であり、呂氏と勢力を二分化する有力者でありましたが、呂氏を蹴落とし大臣の頂点を狙い、王位を奪った後の国政委任を約束してくれた成蟜と共に反乱を起こします。

山の民の協力を得て王都を奪還に来た嬴政一派との戦闘により、命を落とします。

 

キングダム実写映画キャスト相関図は?

映画「キングダム」の人物相関図です。

キングダム 映画 キャスト


出典:https://kingdom-the-movie.jp/character/index.html

 

>>映画「キングダム」を無料で見てみる

 

キングダム実写映画キャスト一覧・相関図を写真付きで紹介のまとめ

今回は、キングダム実写映画キャスト一覧・相関図を写真付きで紹介ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

実写映画公開前のキャスト発表には、少なからず賛否がありました。

ただし、公開された後には「キャストが素晴らしい!」、「マッチしている」、「原作以上に、役が立っている」などの評価が多く見られました。

実際、興行収入は目標値をはるかに超え、大成功となっていますし、続編公開を待たれるファンの声も数多くあります。

続編でも、今回のキャストさんには続投していただきたいものですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。