大沢たかおの筋肉がかっこいいしヤバい!若い頃の画像と徹底比較

Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、大沢たかおの筋肉がかっこいいしヤバい!若い頃の画像と徹底比較ということでお届けしていきます。

ここ最近、バラエティ番組に連日出演されている大沢たかおさんですが、「太った?」、「筋肉がすごいんだけど!」などの声が相次いでいます。

もともと、「MEN’S NON-NO」のモデルとして芸能活動をスタートしパリ・コレでも活躍され、俳優に転向後は、数々のドラマ、映画、舞台、声優とマルチに活動されています。

大沢さんは、モデルということもあり、昔のイメージは長身で細身のイメージが強いですが、体格や筋肉が騒がれるようになったのは、役柄から肉体改造を行っていたようでね!

かなりストイックで、まさにプロ意識の塊のような方ですが、現在の姿と昔の姿がどう違うのか?気になってしまいました。

そこで、大沢たかおの筋肉がかっこいいしヤバい!若い頃の画像と徹底比較ということで、ご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

 

大沢たかおの筋肉がかっこいいしヤバい!

様々なドラマや映画にと活躍を続ける大沢たかおさんですが、今一体何歳なのか気になりますよね?

現在の年齢は、1968年生まれで51歳とのことです。

年齢を調べて、正直びっくりしてしまいました。

鍛え抜かれた肉体もそうですが、肌ツヤもとても51歳には、見えませんし、私の周りの50代の方とは確実に違うと感じます。

 

大沢たかおの経歴を公開

大沢たかおさんのプロフィールも見て行きましょう!!

プロフィール
名前:大沢たかお(おおさわ たかお)
生年月日: 1968年3月11日(51歳)
出身地: 東京都武蔵野市
身長:181cm
血液型:A型
職業:俳優・モデル・歌手・ナレーター
所属事務所:コアインターナショナル
趣味:読書、音楽、神社・仏閣廻り、洋服、家電製品、旅行

大沢たかおさんは、大学在学中の1987年にスカウトされ、モデルとして芸能活動を開始し、「MEN’S NON-NO」を始めとするファッション誌やパリ・コレクションへの出演経験もあります。

ブレイクのきっかけになったのは、俳優に転向後の1995年放送ドラマ「星の金貨」です。

映画「ゲレンデがとけるほど恋したい。」 で主演の時雨賢役を務め、この映画をきっかけに主題歌を歌う広瀬香美さんと知り合い、1999年に結婚されましたが、2006年に離婚しています。

2000年以降は、活動の拠点を映画へ移し、2004年公開映画「世界の中心で、愛をさけぶ」に柴咲コウさんと共にとW主演を務め、興行収入は85億円を記録し大ヒットさせています。

2005年には、スティーヴン・セガール主演映画「イントゥ・ザ・サン」の黒田役でハリウッドデビューも果たされています。

2009年、「JIN-仁-」で8年ぶりに連続ドラマに出演し、翌年2010年に第18回橋田賞を受賞され、自身と作品とのダブル受賞となりました。

また、2011年には続編が放送され、1作目、2作目両作ともその当時ドラマ史上ではまれに見る最高視聴率25%を超える高視聴率をマークしています。

その後、2年間ほど芸能活動を休業して、復帰後の実写映画「キングダム」では、大将軍・王騎役を演じますが、公開前には、「王騎を演じきれるのか?」、「イメージと違う」との声が多数あがっていましたが、見事に演じ切り称賛の嵐でした。

2020年公開映画「AI崩壊」で主演として桐生浩介役を演じます。

>>大沢たかお出演の映画「キングダム」でかっこいい筋肉を見てみる

 

大沢たかおに対する世間の反応は?

「筋肉がすごい!」、「太った?」、「かっこいい!」と話題の大沢たかおさんですが、視聴者の方がどう思っているのか、世間の声の一部を集めてみましたので、ご紹介します。

 

>>大沢たかお出演の映画「キングダム」でかっこいい筋肉を見てみる

 

大沢たかおの顔・筋肉の現在を若い頃の画像と徹底比較!

現在は、筋肉やたくましい体つきが話題になっている大沢たかおさんですが、もともとはモデルということで長身で細身のイメージが強いです。

ここでは、若い頃の画像と現在の画像を比較していきます!

 


こちらは、1992年に放送された「星の金貨」に出演されていた頃の大沢さんですが、スラッとしていて筋肉があるようには、見えませんね。

今から、25年前ですから、当時27歳です。

むしろ華奢という言葉が似合う体型です。

 

こちらは、実写映画「キングダム」の大将軍・王騎役の大沢さんです。

公開が2019年ですから、ここ1年ぐらいの姿ですが、驚くべきは、腕の太さと少しわかりずらいですが、胸板の厚さです。

この役のオファーが来たときに、1年間かけて肉体改造を行い、15kgも増量をしたそうです。

まさに役にかける想いの強さというかプロ意識が半端ないですね。

また、役作りのためからか、よくお肉をたべるようですが、もともと肉料理がお好きなようです。

1月28日(火)放送の「火曜サプライズ」では、以下のようにコメントされていました。

「どれぐらい食べるのか」という質問に「増量するときは朝食から300グラムぐらい食べる」と回答。また、以前はステーキを食べていたが単調な味にイヤになり、朝は「馬刺し」を食べているという。ちなみに「昼は大体ステーキ」「夜もまあまあステーキか焼き肉」と語った。

するとここで石塚英彦が、大沢に関する噂を追及。「業者から肉を取り寄せてるって聞いたんですけど」と切り出し、「買いに行くのではなく肉の塊をブロックで買っているということ?」と確認。

すると大沢は「スーパーだと間に合わないんですよ、自分の体への肉の供給量が」と驚きの発言。「5キロとか6キロとかを、毎週どんどんどんどん持ってきてもらう」と話した。
引用:https://www.rbbtoday.com/article/2020/01/29/176484.html

朝から、300グラムのお肉を食べるってそれだけで驚きですが、3食お肉な上に、卸業者から直接取り寄せているっていうのも凄すぎます!

 

>>大沢たかお出演の映画「キングダム」でかっこいい筋肉を見てみる

 

まとめ

今回は、大沢たかおの筋肉がかっこいいしヤバい!若い頃の画像と徹底比較ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

世間から、「太った!」などと言われていますが、役作りのための体作りだということがわかりました。

役ごとに15kg増やしたり、また痩せたりで体への負担を心配してしまいますが、そこはしっかりトレーナーさんを付けて、調整しているようですよ。

また、あの見た目で51歳っていうのは、大変驚きました。

今後は、映画「キングダム」の続編公開がファンの間から、待たれていますが、続編が決まっているから、体型を以前のように戻していないなんて、声もあります。

これからも、大沢たかおさんのご活躍に注目です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

>>大沢たかお出演の映画「キングダム」でかっこいい筋肉を見てみる