瑛人が香水では紅白に出れない理由は歌詞のせい?歴代出場歌手で同じ人いない?

瑛人が香水では紅白に出れない理由は歌詞のせい?歴代出場歌手で同じ人いない?
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、瑛人が香水では紅白に出れない理由は歌詞のせい?歴代出場歌手で同じ人いない?ということでお届していきます。

リリースから、1年以上経過してから、SNS上でのバズリがきっかけで大ヒットを飛ばしているシンガーソングライターの瑛人さん。

ここ最近では、テレビなどのメディアでもたくさん、お見かけするようになりました。

Apple MusicやLINE MUSIC、Spotifyをはじめとしたストリーミングサービスで、メジャーアーティストを抑え、1位になるなど大躍進はとどまるとこを知りません。

瑛人さんご自身が1番驚かれているようですが。

そんな中で、楽曲の1つである「香水」では、紅白に出場できないと話題になっているようです。

ん?どういうことと思ってしまいますが、なんでこんなことが言われているいるのか気になりましたので、調べてみました。

そこで、瑛人が香水では紅白に出れない理由は歌詞のせい?歴代出場歌手で同じ人いない?ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

瑛人が香水では紅白に出れない理由は歌詞のせい?歴代出場歌手で同じ人いない?

瑛人さん自身の恋愛経験がもとになっているという切ない歌詞で大ヒット中の「香水」。

なんとリリースは、2019年4月だそうです。

1年を経過してからのヒットには、TikTokなどのSNSで若者がカバーし、FANTASTICS from EXILE TRIBの中島颯太さんやお笑い芸人のチョコレートプラネットの長田庄平さんなど、有名人の方々が次々とカバーしさらにバズッているようです。

2020年8月現在、瑛人さんの公式Yotutubeチャンネルでは2019年5月の動画投稿依頼、累計7100万回再生を突破しています。

出典:https://youtu.be/9MjAJSoaoSo

特に「君のドルチェ&ガッバーナのその香水のせいだよ」のサビのフレーズが頭の中でぐるぐると回って、耳から離れないといった声が多いです。

また、これだけヒットしていれば、今年の紅白に出場できるのでは?という声もチラホラとお見かけします。

ただ、このヒット曲「香水」では、紅白に出場できないと話題になっています。

 

紅白に出れない理由は?

なぜ瑛人さんは、「香水」では、紅白に出場できないのでしょうか。

結論を先にいってしまうと、歌詞に「ドルチェ&ガッバーナ」が入っているからです。

えっ!?て感じですが、総務省が管轄する「放送法第83条」に以下のように明記があります。

第八十三条  協会は、他人の営業に関する広告の放送をしてはならない。
2  前項の規定は、放送番組編集上必要であつて、かつ、他人の営業に関する広告のためにするものでないと認められる場合において、著作者又は営業者の氏名又は名称等を放送することを妨げるものではない。
引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC0000000132

国民の受信料によって成り立っている公共の電波という考え方があるため、特定の商品名を使ってはいけないという、取り決めがあるようですね。

歌詞の中にある商品名は、やはりダメなんでしょうか。

「他人の営業に関する広告」では、ない気がしますが、瑛人さんの、「香水」には「ドルチェ&ガッバーナ」というフレーズは幾度となく登場していますので、これを聞いて香水を買いたくなるかも...

ただ、過去にもこういうことってあったと思うんですが、どうしていたのでしょうか。

そのあたりも調べてみました。

 

歴代出場歌手で同じ人いない?

過去に紅白歌合戦に出場された方で、歌詞に企業名や商品名がはいっていたパターンもあったと思うのですが、どうされていたのでしょう?

「ボーイフレンド」で紅白に初出場したaikoさんですが、歌詞の中に「テトラポット」とあり、これは調べてみると株式会社不動テトラさんの四脚ブロック製品の登録商標であるようです。

放送法の取り決めでいえば、歌詞を変えなければいけないと思うのですが、ただ、aikoさんは特に歌詞を変えることなく、歌われていたようですよ。

嘘のような話ですが、「テトラポッ」が正式名称で、aikoさんの「ボーイフレンド」の歌詞は「テトラポッ」となっており、一文字違っていたためそのまま歌えたそうです。

そんなことある!?って感じですが...

「ド」と「ト」の違いでOKならば、瑛人さんの「香水」は「ドルチェ&ガッバーナ」のどこか1文字を変えればいいんでしょうか。

とはいえ、瑛人さんが紅白出場が決定したわけではありませんが、本当にそうなったらどうするんでしょうか。

実際、SNS上では、「ドルチェ&ガッバーナの部分をハミングにしよう」や「バ」を「パ」にしようなどと予想合戦にもなっていました。

 

ツイッターの声

 

まとめ

今回は、瑛人さんが香水では紅白に出れない理由は歌詞のせい?歴代出場歌手で同じ人いない?ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

瑛人さんの「香水」の歌詞には、具体的な商品名というか商標が入っているために、紅白歌合戦には出れないかもということがわかりました。

ただ、aikoさんの例があるように、「ドルチェ&ガッバーナ」の1文字を変えただけで、いけるものなのでしょうか。

「香水」以外にヒット曲を出して、それで紅白に出ようという声もありましたが、今の勢いであれば次々にヒット曲が出てきそうです。

瑛人さんは、紅白出場も昔からの夢でもあるようなので、ぜひとも実現してほしいですね。

今後のご活躍にも注目です。

最後までお読みいただきありがとうございました。