わたどうの子役キャスト椿と七桜役は誰?かわいい画像付きで紹介!

わたどうの子役キャスト椿と七桜役は誰?かわいい画像付きで紹介!
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、わたどうの子役キャスト椿と七桜役は誰?かわいい画像付きで紹介!ということでお届けしていきます。

浜辺美波さんと横浜流星さんがダブル主演を務めると話題の「わたどう」こと「私たちはどうかしている」が8月12日よりいよいよ放送開始となります。

安藤なつみさんの同名漫画が原作で、累計発行部数200万部超の人気作品です。

そして、浜辺美波さん演じる七桜と横浜流星さん演じる椿の幼少期時代の子役の子達がかわいいと話題です。

子役は、誰なのでしょうか?

そこで、わたどうの子役キャスト椿と七桜役は誰?かわいい画像付きで紹介!ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

わたどうの子役キャスト椿と七桜役は誰?かわいい画像付きで紹介!

「わたどう」こと「私たちはどうかしている」は、老舗和菓子店が舞台のラブミステリーであり、和菓子職人の七桜役には、浜辺美波さんが創業400年の老舗和菓子店の跡取り息子・高月椿役には、横浜流星さんが演じます。

そして、七桜と椿は、幼馴染でしたが、15年前に七桜は、椿の父親の殺害事件に対する容疑者として逮捕された住み込みの職人だった母親の無実の罪を晴らすために、正体をかくしたまま、椿と結婚するというストーリーです。

第1話では、和菓子職人だった母・百合子とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の同い年の1人息子・高月椿と出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていきます。

明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を覚ました七桜は、母屋にいくと、庭の先で血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・樹の姿をみつけます。

従業員たちが駆けつける中、椿は父親を殺したのは百合子だと証言するのです。

椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の「赤」が怖いという致命的なハンディを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきました。

そんな幼少期の七桜と椿を演じる子役の子達が演技も上手くかわいいと話題ですが、一体誰が演じているのでしょうか?

 

椿の幼少期役は?

プロフィール
  • 名前:森島 律斗(もりしま りつと)
  • 生年月日: 2011年7月23日
  • 所属事務所:クラージュ・キッズ

幼少期の椿役を演じるのは、森島 律斗くんで、クラージュ・キッズ所属、 2011年7月23日生まれの現在9歳です。(2020年8月現在)

 

七桜の幼少期役は?

プロフィール
  • 名前:宮崎 歩夢(みやざき あゆむ)
  • 生年月日: 2012年4月9日
  • 身長:117.0cm
  • 体重:21.0kg
  • 所属事務所:テアトルアカデミープロダクション
  • 趣味特技:ジャズダンス、パントマイム

幼少期の七桜役を演じるのは、宮崎 歩夢ちゃんで、テアトルアカデミープロダクション所属、2012年4月9日生まれの現在8歳です。(2020年8月現在)

※更新していきます

 

ツイッターの声

 

まとめ

今回は、わたどうの子役キャスト椿と七桜役は誰?かわいい画像付きで紹介!ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

※更新していきます。