コロナチャレンジとは何?海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!

コロナチャレンジとは何?海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、コロナチャレンジとは何?海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!ということでお届けしていきます。

新型コロナウィルスの感染拡大が止まらず、連日メディアでは必ず新型コロナウィルス関連のニュースを見ない日はないといった状況で、速報ニュースなんかも「○○県で新たな新型コロナウイルス感染者を確認」とまたかといった感じです。

東京オリンピックの開催か延期・中止かとという議論も続き、なんか現実味を帯びてきているような気さえします。

そんな中で、海外の若者の間で「コロナチャレンジ」なる行為がはやっているようです。

ツイッタートレンドにも入っていて、何だろ?って気になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、コロナチャレンジとは何なのか?海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

>東京オリンピック中止ならチケット代はどうなっちゃうの?

 

コロナチャレンジとは何?

3月23日(月)のフジテレビ系列で放送の「とくダネ!」において、「コロナチャレンジ」というものが紹介されていました。

何やら海外の若者の間でこの行為が流行しているようです。

「コロナチャレンジ」は、若者がドアノブを舐めたり、テーブルや柱を舐める行為で大変ショッキングな映像が放送されました。

この行為は、ドアノブや柱には、「飛沫が付きやすく接触感染の温床となる可能性が高い」と海外メディアは感染が拡大することを懸念しています。

番組司会の小倉智昭さんは、「ドアノブを舐めている人には、便座でも舐めていろと言いたくなるくらい腹が立ちます。年寄りは必要ないという考え方ですね」とコメントしています。

もともとは、「#Coronaviruschallange」とタグを付けてインスタを始めとしたSNSでダンスなどの動画をアップして、アクセス数を稼ぐ行為のようですが、ドアノブやテーブルを舐める行き過ぎたことをしているのは、一部の人のようです。

アクセス数を稼ぐためとはいえ、これでは確かに炎上してしまいますね!

 

コロナチャレンジの海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!

ここでは、問題となった「コロナチャレンジ」の画像、動画をご紹介します。

 

こちらの方は、「その後無事感染したみたい」のようです。(泣)

まあ、そうなりますよね。

 

便座を思いっきり舐めていますね!あり得ないです。

違う病気も漏れなくもらってしまいそうです。

 

コロナチャレンジ動画を見ての世間の反応は?

 

 

コロナチャレンジとは何?海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!のまとめ

今回は、コロナチャレンジとは何?海外の若者のドアノブを舐める動画が炎上でヤバい!ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

以前「○○チャレンジ」というものが流行り、SNSでかなりバズったりして話題になっていましたが、「コロナチャレンジ」は同様に「#Coronaviruschallange」というタグ付けをしてアクセス数を稼ぐ行為で、おそらく皆さん「新型コロナウイルスに負けるな!」というコンセプトのもと動画を撮影しアップしていると思います。

ただ、今回炎上しているのが、一部の方がドアノブや便座を舐めるというあり得ない行為をしていたということがわかりました。

日本だけでなく、海外でも「非常事態宣言」が発令されたりで、イベントや外出が自粛されているので、ストレスがたまっているかわかりませんが、「チャレンジ」の意味を完全に履き違えていますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

※合わせてこちらもご覧ください。

>>緊急事態宣言が出るとどうなるの?仕事や生活に対する影響は?