首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!

首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!ということでお届けしていきます。

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、東京都をはじめ、各地で新たな感染者が○○人確認されたという報道が毎日のようにされており、「緊急事態宣言を出して!」との声が日々高まっています。

そんな中で、安倍晋三首相は4月7日にも「緊急事態宣言」に踏み切る意向だと報じられ、それに伴い、首都圏などの対象区域で鉄道各社に対する減便の要請を検討していることが分かりました。

「緊急事態宣言」が出されても、会社で働くことや店の営業を禁止することが出来るわけではないので、ただでさえ、首都圏は満員電車ですから、電車の本数が減ってしまえば、さらなる混雑が予想されます。

この報道を受けて、SNS上では、「満員電車が怖すぎる!」、「国は、殺す気か!」、「感染拡大してしまう!」と批判と混乱の声が多数見受けられます。

そこで、首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、報道や各情報番組では、「緊急事態宣言」、「ロックダウン」やら様々なワードが飛び交っています。

そんな中で、政府が、新型コロナウイルス感染症の拡大で発令の準備を進めている緊急事態宣言に伴い、首都圏などの対象区域で鉄道各社に対する減便の要請を検討していることが6日わかりました。

内容としては、対象が新幹線にも及ぶ見通しです。

当面は平日も土日・祝日のダイヤを運用し、終電の繰り上げも検討しているとのことで、最終的に通常の5割程度まで減らすことも想定しているようです。

とはいえ、「緊急事態宣言」に基づく多くの措置は要請にとどまり、外国で実施されているような強制力のある「ロックダウン(都市封鎖)」とは大きく異なります。

仕事への外出を禁止する法的な強制力はないので、テレワークなどで対応できない企業は、通常通りの勤務があり、東京都の周辺に住まわれている方は、ただでさえ、満員電車なのに、より混雑が予想され、感染拡大が懸念されます。

これでは、散々言われている、「3つの密」の条件が揃ってしまいます。

 

首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!

ここでは、国民の皆さんが鉄道各社に対する減便の要請についてどう思われているかの一部をご紹介します。

首都圏の鉄道減便に対する国民の声は?

「満員電車がより満員になってしまう。ふざけんな」というご意見が圧倒的に多いですが、「出勤せざるを得ないお仕事の人以外は、最低限の出勤にしようねってことだと思うんだけど…」と冷静な投稿されている方もおられます。

「通勤利用者を減らすのが先だろ!そして通勤を減らすにはまず生活補償だ」とやはり、要請するならば補償をなんとかして。という声が多いですね。

まあ、以前からずっと言われていることですが...

 

首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!のまとめ

今回は、首都圏の鉄道減便で満員電車の恐怖がヤバい?緊急事態宣言で国民の批判が止まらない!ということで、お届けしてきましたがいかがだったでしょうか。

電車減便の報道を受けて、SNSを見ていると皆さん「余計、満員電車になるだろ!」、「休めるように補償を整備してください。」、「有給で絶対休み!」などと荒れていました。

ここ最近の流れでは、政府のやることなすことが全て批判の嵐になっていますが、電車の減便や外出自粛を要請するのであれば、補償をセットで考えるべきというところに尽きるのでは、との意見がやはり最も多いですし、国民の関心事でもあります。

自治体がテレワークを推奨しているとはいえ、それに対応できる企業はまだまだ一部なわけで、休めない仕事もあり、電車の減便では、新型コロナウイルスの感染リスクを高める「3つの密」が成立してしまうのも事実です。

早くこの状況が収束するのを願うばかりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。