イソジンでうがいPCR陰性になるのは当たり前?コロナが治るのはデマ情報?

イソジンでうがいPCR陰性になるのは当たり前?コロナが治るのはデマ情報?
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、イソジンでうがいPCR陰性になるのは当たり前?コロナが治るのはデマ情報?ということでお届けしていきます。

全国のドラッグストアや薬局から、イソジンなどのうがい薬が売り切れ続出で商品棚からなくなるという事態になっており、軒並み、次回の入荷が未定状態になっているようです。

この状況なにやら、デジャブといった感じではないでしょうか。

全く学習してない。

ドラッグストアでは、「イソジンでうがいするとコロナが治るって本当ですか?」などの問い合わせ電話が殺到しまくっているようで、薬剤師さんや店舗スタッフさんは、またかといった感じで、その心中お察し致します...

発端は、8月4日大阪府の吉村知事が会見において、「ポビドンヨードのうがいで新型コロナウイルスの量が減る」もしくは「重症化を防ぐ」という旨の発表があり、その放送を見た方々が、薬局やドラッグストアに殺到したというわけです。

そんな中で、「イソジンでうがいすれば、検査はそりゃ陰性になるでしょ?」などの声がちらほら見受けらます。

これは、どういうことなのでしょうか。

そこで、イソジンでうがいPCR陰性になるのは当たり前?コロナが治るのはデマ情報?ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

イソジンでうがいPCR陰性になるのは当たり前?コロナが治るのはデマ情報?

8月4日の大阪府の吉村知事の会見以来、ドラッグストアや薬局からうがい薬が消えており、連日ヤフートレンドランキングやSNSでも話題になっています。

また、SNS上では、「イソジンでうがいすれば、PCR検査は陰性になるのは当たり前でしょ。」との声もありました。

これは、どういう意味なのでしょうか。

ちなみに、イソジンなどのうがい薬には、「ポビドンヨード」という成分が含まれており、これが細菌やウイルスをつよく叩く効果があります。

そして、これに関してわかりやすく解説してくださっている医師の方の記事をご紹介します。

『ポビドンヨードによるうがいをすると、一時的に唾液(つば)の中の新型コロナの量が減るということ』です。

ここで注意したいことがあります。

『唾液(つば)の検体でPCR検査が陰性化すること』と、『新型コロナによる悪化を防ぐか』は、似ていますが、同じではないということです。

ここで、ちょっと例えをだしてみましょう。

あなたが、『インフルエンザかもしれない』と病院に行ったとしましょう。

その受診したときの医師に『ちょっとうがいをしっかりしてみてください』と指示されて、しっかりとしたうがいをしたとして、その後にインフルエンザの検査をのどで行い、その検査結果が陰性だとしましょう。

『陰性ですね。インフルエンザではありません』と、あなたは診断されました。

どう思うでしょうか?

あなたは、『鼻で検査をしたら陽性にならないんでしょうか?』と思わないでしょうか?
引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/horimukaikenta/20200804-00191721/

「ポビドンヨード」が含まれるうがい薬でうがいをすれば、確かに口の中の新型コロナウイルスの量が減るので、唾液の検体からPCR検査をすれば、当然陰性の確率があがるということですね。

そりゃそうだと思いましたが、とはいえこれは、口の中のウイルスが減っただけで、既に新型コロナウイルスに感染している方にとっては、体内にウイルスが潜んでいるわけです。

 

イソジンうがいでコロナが治るのはデマ情報?

また、以下のようにもおっしゃっています。

繰り返しになりますが、今回の報道は、唾液の中の新型コロナが減っても、その後の新型コロナによる悪化が防がれるという研究結果ではないのです。検査の陽性率が下がった、という結果です。

うがいによって、一時的に新型コロナが検出されにくくなっただけなのかもしれないのです。

なお、新型コロナに関して、『予防的・定期的なポビドンヨードの使用が有効かどうか』は現在2本の研究が進行しているようです。これらの結果をみてからでも遅くはないように思います。
引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/horimukaikenta/20200804-00191721/

確かに、吉村知事もイソジンなどのうがい薬で、新型コロナウイルス感染症が治るとは言及はしていませんし、有識者の方も誰も治るとはいっていません。

とはいえ、テレビなどのメディアの影響力はすごいものがあります。

あくまでも、うがいをすると、唾液の中の新型コロナウイルスが減少してある程度、他人にうつしにくくなる可能性があるということなんですよね。

これが、人によっては、「コロナが治る」と解釈されてしまったというわけです。

 

ツイッターの声

 

まとめ

今回は、イソジンでうがいPCR陰性になるのは当たり前?コロナが治るのはデマ情報?ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

イソジンでうがいをすれば、「ポビドンヨード」という有効成分により、口の中のウイルスを減少させられるという可能性があるということがわかりました。

一時的に飛沫のなかに含まれる新型コロナウイルスの量を減らすことによって、拡散を減らすということに関しては有効かもしれませんね。

とはいえ、テレビなどのメディアからの情報に踊らされることがないように、情報の取捨選択をしていかなければと改めて考えさせられました。

マスク、トイレットペーパー、アルコール除菌液が店頭から消えてしまうなんてことも、記憶に新しいですが、やはりうがい、手洗いをきちんとして自衛していくしかありませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。