半沢直樹2のスパイラル買収は実話なの?モデルはライブドア事件って本当?

半沢直樹2のスパイラル買収は実話なの?モデルはライブドア事件って本当?
Pocket

こんにちは!イッシーです。

今回は、半沢直樹2のスパイラル買収は実話なの?モデルはライブドア事件って本当?ということでお届けしていきます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、放送が延期となっていた半沢直樹2ですが、7月19日に放送が開始され、回を追うごとに前回の視聴率を更新し好調です。

半沢直樹2は、池井戸潤さんの小説「半沢直樹シリーズ」の「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」が原作となっており、実在の銀行や企業がベースとなっているようです。

そんな中で、尾上松也さん演じる瀬名洋介が社長を務めるIT企業「東京スパイラル」も何がモデルとなっているのか考察されています。

「これって2005年に起きたライブドア事件がモデルでは?」との声があり、実際どうなのか?を調べてみました。

そこで、半沢直樹2のスパイラル買収は実話なの?モデルはライブドア事件って本当?ということでご紹介していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

半沢直樹2のスパイラル買収は実話なの?モデルはライブドア事件って本当?

半沢直樹2で登場するIT企業「スパイラル」ですが、ドラマでは大手IT企業「電脳雑伎集団」に買収を仕掛けられます。

※更新していきます。

 

 

ツイッターの声

 

まとめ

今回は、半沢直樹2のスパイラル買収は実話なの?モデルはライブドア事件って本当?ということでお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか。

※更新していきます。